15 2015

<いぬのきもち>犬も花粉症になること、知っていました?

こんばんは!!
ブログへの訪問ありがとうございます

今回の記事は、私が利用しているアプリ『まいにちのいぬの・ねこのきもち』で、昨日配信された記事を紹介します。

犬も花粉症になること、知っていました?
人と同じように犬も花粉症にかかります。かゆみを伴う症状が「目」にあらわれることも。
「目」の症状でもっとも気をつけたいのは、アレルギー性結膜炎です。花粉などのアレルギー反応により、炎症を起こし、かゆみを伴う病気です。かゆみから目をかき続けると、黒目(角膜)が傷つき、角膜炎になったり、かいてできた傷口から細菌が入ると細菌性結末炎などを発症することもあります。また、目のまわりの皮膚はとても薄いため、かくと短時間で脱毛したり、皮膚炎になり、眼瞼炎(まぶたの炎症)になることもあります。春になって愛犬に「白眼が充血している」「目やにがいつもよりたくさん出る」「涙が多く出る」「目を頻繁に前足でこする」「布や飼い主さんの服に顔をこすりつける」などの症状やしぐさが見られたら、すみやかに動物病院へ連れて行きましょう。
※配信時の条件:1才と5ヵ月と24日

私は花粉症が発症する年としない年があります。やっぱり花粉の飛散量に比例して発症する確率が高いように思います。人の場合、マスクをしたり予防することもできますが、犬の場合は予防も難しいし、自分から症状を知らせることもできないので、人が気付いてあげる必要があるので、様子をしっかりみて体調の違いを素早くキャッチできるようになりたいです。

訪問いただきありがとうございます
励みにもなりますので、是非ともポチッとボタンを押していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
こちらは本サイト内で1日1ポチで十分です。
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村
また、以下の拍手ボタンも併せてポチッと押していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓↓
少しでも本記事が気に入りましたら1ポチお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment