03 2016

<いぬのきもち>同居犬といっしょだと興奮する場合

おはようございます!!
ブログへの訪問ありがとうございます

今回の記事は、私が利用しているアプリ『まいにちのいぬの・ねこのきもち』で、昨日配信された記事を紹介します。

同居犬といっしょだと興奮する場合
「同居犬=興奮する対象」という認識になり、習慣化してしまっているかもしれません。
散歩や運動をして発散させた後に会わせたり、フードやおやつを食べる前に同じ部屋に居させるなど、「一緒に居て当たり前」と認識できるようになるまで、徐々に慣らしていきましょう。
※配信時の条件:1才と7ヵ月と13日

ポン太ころんは、基本的には和室内の隣通しのサークルに入って過ごしています。
サークルに入っている時はお互い特に意識することもなく、一人遊びしていたり大抵はケージの中に入って寛いでいるようです。サークルから出して和室内に開放している時はころんの方がポン太にちょっかいを出して、それでポン太の機嫌が悪いときは吠えられています。

訪問いただきありがとうございます
励みにもなりますので、是非ともポチッとボタンを押していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
こちらは本サイト内で1日1ポチで十分です。
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村
また、以下の拍手ボタンも併せてポチッと押していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓↓
少しでも本記事が気に入りましたら1ポチお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment