21 2016

<いぬのきもち>愛犬のためにぐっすり眠れる環境を

こんばんは!!
ブログへの訪問ありがとうございます

今回の記事は、私が利用しているアプリ『まいにちのいぬの・ねこのきもち』で、昨日配信された記事を紹介します。

愛犬のためにぐっすり眠れる環境を
気持ちのいい気候が続いて、つい昼間でも、うとうとしたくなってしまいます。
犬は1日24時間のうち、12時間から15時間ほど、睡眠をとっているようです。
羨ましい限りですね。
動物の眠りにはレム睡眠と呼ばれる浅い眠りと、ノンレム睡眠と呼ばれる深い眠りがあることが知られています。
レム睡眠は主に身体を休めるための眠りだと考えられています。
犬の場合、伏せの状態で、ちょっとした物音にも耳をピクピクっとさせてすぐに反応できる態勢で寝ているのはレム睡眠です。
いつ敵や獲物が接近してきてもいいように浅い眠りを続けていた野生時代のなごりなのでしよう。
横倒しになって手足を伸ばして寝ているときは熟睡しているノンレム睡眠です。
仰向けの状態、いわゆるヘそ天の無防備な姿をしているときもノンレム睡眠でしようね。
起きているときに受けたしつけや訓練などの記憶を脳内で整理する大切な時間となると考えられています。
一般的に成犬のノンレム睡眠の時間は、睡眠の2割程度といわれています。
1日の半分以上を寝て過ごしているように見えても、実際に熟睡している時間は短いようです。
少しの間でもぐっすり眠れるような環境を作ってあげたいですね。
※配信時の条件:1才と10ヵ月と0日②

ポン太ころんも確かに眠りが浅いようです。寝ている姿を写真を撮ろうと近づくとその物音で目を覚ましてしまいます。私たちが2階に行って寝ている間は熟睡してくれているとうれしいのですが、それはどうすればわかるのでしょうね?

【ポン太&ころんの写真メモリーズ】
ブログで記事に出来なかった過去写真を「いぬのきもち」の本記事内で紹介していきます。今回紹介するのは、2016/02/11の写真の紹介です。「カインズホーム市原店」のドッグランで遊んだあと、メルマガで送られてきたオヤツセットの引き換えをしました。3つのおやつが入っていました。
20160211ポンころハウス②
あと、給水器から水がぽたぽた垂れ始めていたので、完全にダメになる前に購入しました。
20160211ポンころハウス③
また、ミッキーのハウスベットが安くなっていたので、こちらも購入しました。まずは、ポン太に入ってもらって記念撮影。
20160211ポンころハウス④
この後、ころんに入ってもらって…。すごい笑顔です。新しいおうちはころんのものかな?
20160211ポンころハウス⑤
この後、一代目のハウスベットと一緒に記念撮影。この日はなぜかころんが満面笑顔。
20160211ポンころハウス①

ご訪問いただきありがとうございます
ランキングに参加しております。応援クリックが励ましとなりますので、以下の3つのバナーを押してください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
ポメラニアン ブログランキングへ
犬ブログ広場 ポメラニアン
また、少しでも本記事が気に入りましたら1ポチお願いします。
↓↓↓↓↓↓
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment