22 2016

<いぬのきもち>病院で見せる愛犬の「あくび」の意味は?

こんばんは!!
ブログへの訪問ありがとうございます

今回の記事は、私が利用しているアプリ『まいにちのいぬの・ねこのきもち』で、昨日配信された記事を紹介します。

病院で見せる愛犬の「あくび」の意味は?
犬が病院でよく見せる動作に「あくび」があります。
「あらあら、のんきなコね」とおっしやる飼い主さんもいますが、犬はリラックスしていたり退屈して、あくびをしているのではありません。
健康な犬が病院で見せるあくびは「カーミングシグナル」の一つではないでしようか。
カーミングシグナルとは自分の気持ちや相手の気持ちを落ち着かせるために犬が見せる動作です。
病院へ来た犬は、慣れない環境に緊張しているのかもしれません。
病院のスタッフに「おとなしくしているから怖いことはしないで」と伝えているのかもしれません。
春は、フィラリア予防や狂犬病予防注射のために1年ぶりに顔を見せてくれる犬が大勢います。
このような場合、余計に緊張していたり不安がっているのではないかと思います。
もし、愛犬が病院であくびをしていたら、帰宅後はリラックスできる環境でゆっくり休ませてあげてくださいね。
※配信時の条件:1才と10ヵ月と1日②

ポン太ころんも確かに眠りが浅いようです。寝ている姿を写真を撮ろうと近づくとその物音で目を覚ましてしまいます。私たちが2階に行って寝ている間は熟睡してくれているとうれしいのですが、それはどうすればわかるのでしょうね?

【ポン太&ころんの写真メモリーズ】
ブログで記事に出来なかった過去写真を「いぬのきもち」の本記事内で紹介していきます。今回紹介するのは、2016/02/14の写真の紹介です。
ころんはよくクレートへの上り下りをします。この行動はポン太にはない行動なので、最初したときは少し驚いたものです。今ではすっかり見慣れた光景です。
20160214ポンころサークル①
その後、なぜか寝そべって毛づくろいをするころんころんの行動はネコのようです。
20160214ポンころサークル②
一方、ポン太の喜びの表現は飛び上がることです。
20160214ポンころサークル③
いつかサークルを飛び越えてくるんではないかと思うほど、ジャンピングを繰り返しますが、今のことろ飛び越えたことはないです。
20160214ポンころサークル④
オヤツのときはこのように満面の笑みを浮かべながらジャンピングします。
20160214ポンころサークル⑤

ご訪問いただきありがとうございます
ランキングに参加しております。応援クリックが励ましとなりますので、以下の3つのバナーを押してください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
ポメラニアン ブログランキングへ
犬ブログ広場 ポメラニアン
また、少しでも本記事が気に入りましたら1ポチお願いします。
↓↓↓↓↓↓
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment