04 2016

<いぬのきもち>散歩中つねにリードを引っ張る愛犬

おはようございます!!
ブログへの訪問ありがとうございます

今回の記事は、私が利用しているアプリ『まいにちのいぬの・ねこのきもち』で、昨日配信された記事を紹介します。

散歩中つねにリードを引っ張る愛犬
犬が強くリードを引っ張ると、首輪で首をグイグイ締め付ける状態になります。
そのまま歩き続けることで、気管が狭まり、呼吸困難や頸椎に負担がかかって頸椎捻挫になることが。
また、もともと気管が変形していたり、つぶれている気管虚脱の犬は、悪化して、慢性的なセキや呼吸困難などの症状が見られることもあります。
リードが長すぎると、ゆとりができてしまうので、犬がグイグイ引っ張りやすくなります。
リードは短く持ち、犬が引っ張れないようにして、人の隣を歩かせましよう。
※配信時の条件:1才と10ヵ月と13日

ポン太ころんは、私が一人で散歩に連れていくときは二頭引きのリード(取っ手は部分は一つで真ん中の部分で二手に分かれているタイプ)を利用しています。そのため、二人の息があっていないと大変なことになるのですが、若干ころんのほうが前に前に行きたがる気があって、ポン太がそれに合わせるようなときもありますが、以前に比べると足並みをそろえて一緒に散歩してくれるので助かっています。

【ポン太&ころんの写真メモリーズ】
ブログで記事に出来なかった過去写真を「いぬのきもち」の本記事内で紹介していきます。今回紹介するのは、2016/02/21の写真の紹介です。ポン太ころんは車でお出かけするときは、いつもの寝るときに利用しているクレートに入ります。この中が一番落ち着くし、シートベールで固定することもできるので安心です。お出かけすることが分かると大騒ぎになる二人ですが、なぜかクレートに収まると静かになります。なので、いつも早めにクレートに入れてしまって、その後、お出かけの準備をすることもあります。
20160221ポンころクレート①
20160221ポンころクレート②
20160221ポンころクレート③
20160221ポンころクレート④
20160221ポンころクレート⑤
これからも、いろんな場所に一緒に行っていろんな思い出を作りたいです。

ご訪問いただきありがとうございます
ランキングに参加しております。応援クリックが励ましとなりますので、以下の3つのバナーを押してください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
ポメラニアン ブログランキングへ
犬ブログ広場 ポメラニアン
また、少しでも本記事が気に入りましたら1ポチお願いします。
↓↓↓↓↓↓
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment