13 2016

<いぬのきもち>誤飲・誤食には十分な注意を!

おはようございます!!
ブログへの訪問ありがとうございます

今回の記事は、私が利用しているアプリ『まいにちのいぬの・ねこのきもち』で、昨日配信された記事を紹介します。

誤飲・誤食には十分な注意を!
テーブルの上の食べ物を見てない間に、お留守番中にどこからともなく食料を引っ張りだしてきて、お気に入りのおもちゃをいつの間にか飲み込んじゃった、などなど愛犬の誤飲・誤食は突然起こります。
常日頃から愛犬の届くところに食べてはいけないもの、食べる可能性があるものを置かないことが大切ですが、事が起きてしまった場合はなるベく早く病院で、吐き出させる処置を受けましよう。
中には吐き出させることのできないものもありますが目の前で飲み込んでしまったら様子を見ずにすばやく対応することが大切です。
飲み込んでしまった異物が胃を通って小腸へいってしまうと吐き出させることはできなくなります。
胃や腸に異物が詰まってしまうと、嘔吐や食欲不振などの症状がでますが、その時は内視鏡もしくは開腹手術で取り出さないといけません。
過去に異物を飲み込んでしまったけれど、自分で吐き出したからとか、ウンチから出てきたから大丈夫!と油断してはいけません。
その都度注意が必要です。
神経質になりすぎて愛犬はいたって元気なのに物がなくなったから食べたかもしれない!と慌てて病院にかかって必要のない処置や検査を受けるのもかわいそうですが、床をよく舐めていた犬がお腹の中で飼い主さんの毛が毛玉になって腸閉塞を起こしたり、夏に食べたトウモロコシの芯が冬になってから小腸につまったり、と思わぬ誤飲誤食で大変なことになる例もあります。
誤飲・誤食は獣医さんをも悩ませる病態の一つです。
※配信時の条件:1才と10ヵ月と22日

ポン太ころんは、いつもは和室のペット部屋で過ごしています。そこには最低限のものしか置いていないですが、それでもオモチャなどの破片などを誤飲するようなことがないようにオモチャなどの状態のチェックは良く確認しておくようにしたいです。

【ポン太&ころんの写真メモリーズ】
ブログで記事に出来なかった過去写真を「いぬのきもち」の本記事内で紹介していきます。今回紹介するのは、2016/03/05の写真の紹介です。ポン太ころんをリビングの方に連れてきてたのですが、カーペットの上でまったりとしています。
20160305ポンころまったり①
20160305ポンころまったり②
20160305ポンころまったり③
ポン太を迎えた時には、リビングの方には連れてこないというルールがあったのですが、最近そのルールは崩壊しております。とはいえ、いろんなものが置いてあるので自由気ままにさせないように必ず誰かが近くで見ているようにしてはいます。

ご訪問いただきありがとうございます
ランキングに参加しております。応援クリックが励ましとなりますので、以下の3つのバナーを押してください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
ポメラニアン ブログランキングへ
犬ブログ広場 ポメラニアン
また、少しでも本記事が気に入りましたら1ポチお願いします。
↓↓↓↓↓↓
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment