18 2016

<いぬのきもち>掻いたり、舐めたり…、体が痒いの?

おはようございます!!
ブログへの訪問ありがとうございます

今回の記事は、私が利用しているアプリ『まいにちのいぬの・ねこのきもち』で、昨日配信された記事を紹介します。

掻いたり、舐めたり…、体が痒いの?
後ろ足で身体をポリポリ、前足をペ口ペ口舐めてる、これって皮膚が痒いから?
しかし、被毛をかきわけて皮膚を見てみても特に赤くなっているわけではない…。
身体を掻いたり舐めるという動作は精神を落ち着かせるという意味を持つ場合もあるんです。
もちろんアレルギー・アトピーの初期症状などの皮膚病の可能性もありますから注意は必要ですが、皮膚に病変がないと治療せず様子をみるケースも多くあります。
ただ、掻いたり舐めたりすることによって感染・炎症も起こすこともありますので気をつけましょう。
皮膚に赤みやブツブツがあったり、また耳の場合は外耳炎や異物など耳に異常があることが多いのでかかりつけの病院で診てもらいましょう。
※配信時の条件:1才と10ヵ月と27日

ポン太ころんもよく後ろ足で耳の後ろあたりを掻いていたり、前足をペロペロと舐めていることがあります。

【ポン太&ころんの写真メモリーズ】
ブログで記事に出来なかった過去写真を「いぬのきもち」の本記事内で紹介していきます。今回紹介するのは、2016/03/21の写真の紹介です。千葉ニュータウンにある『パン工房クーロンヌ』さんでランチをした後、併設されているドッグランで少し遊びました。
ドッグラン内を駆けっこして楽しそうなポン太
20160321ポンころラン①
他のワンちゃんとご挨拶するポン太。自分の匂いを嗅がせる場合、足を上げて嗅ぎやすいようにしているようです。
20160321ポンころラン②
この日はいつも以上にご挨拶に励んでいるポン太
20160321ポンころラン③
この後、カインズホームさんに移動して、こちらのドッグランでも遊びました。
ころんにアジリティの橋を渡らせたいので、そこにウマウマを乗せて興味を持たせます。
20160321ポンころラン④
ウマウマへの興味はあるようですが、アジリティの橋は眼中にないようです。必死にウマウマをゲットしようとするころんの姿が可愛いです。
20160321ポンころラン⑤
20160321ポンころラン⑥
20160321ポンころラン⑦
20160321ポンころラン⑧
20160321ポンころラン⑨
この後、無事ウマウマをゲットしたころん。結局この日はアジリティの橋はわたりませんでした。
20160321ポンころラン⑩
でも、ポン太と一緒に走り回って楽しそうで良かったです。

ご訪問いただきありがとうございます
ランキングに参加しております。応援クリックが励ましとなりますので、以下の3つのバナーを押してください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
ポメラニアン ブログランキングへ
犬ブログ広場 ポメラニアン
また、少しでも本記事が気に入りましたら1ポチお願いします。
↓↓↓↓↓↓
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment