06 2016

<いぬのきもち>長く続く咳は異常のサイン

おはようございます!!
ブログへの訪問ありがとうございます

今回の記事は、私が利用しているアプリ『まいにちのいぬの・ねこのきもち』で、昨日配信された記事を紹介します。

長く続く咳は異常のサイン
犬は喉や気管、気管支や肺などにホコリや異物(草の種など)が入ると、それを取り除こうとして咳をします。
一時的に咳をしてすぐおさまるようなら問題ありません。
しかし、長く続く場合は異常のサイン。
異常な咳の原因には喉や気管・気管支の病気から心臓病まで様々です。
また、吐き気と咳を間違うこともあれば咳が続いた後に吐き気が出ることもあります。
病院などで緊張することで、症状がでない場合もありますので、病院に連れて行く時は咳をしている動画を撮影して持って行くと先生にも伝えやすいと思います。
※配信時の条件:1才と11ヵ月と16日

ポン太ころんもたまに咳やクシャミらしきものをすることがあります。とはいえ、長く続くものではなく、一時的なものなので、獣医さんに連れて行くまではなかったです。今後、咳が長く続くようなときは、異常のサインであると考え、獣医さんに連れていくようにしたいと思います。

【ポン太&ころんの写真メモリーズ】
ブログで記事に出来なかった過去写真を「いぬのきもち」の本記事内で紹介していきます。今回紹介するのは、2016/05/08の写真の紹介です。この日は我が家のホームドッグランである『ドッグクルー・ラッキー』さんにお出かけしました。
ころんも少しずつですが他のワンちゃんとの交流を図るようになりました。
20160508ポンころラン①
ポン太は尻尾に枯草を付けたまま一人で歩き回って楽しんでいるようです。
20160508ポンころラン②
ころんはサラダバーを満喫するようです。
20160508ポンころラン③
いい匂いがする場所を見つけたのかころんはゴロスリをし始めました。
20160508ポンころラン④
ふと我に戻るころん
20160508ポンころラン⑤
この後、二人で追いかけっこ。ころんポン太に体当たりしていきます。
20160508ポンころラン⑥
ポン太も反撃開始。
20160508ポンころラン⑦
でも、やっぱりころんのほうが気が強いのか、押され気味のポン太
20160508ポンころラン⑧
ころんに返り討ちにあったようです。
20160508ポンころラン⑨
お尻に枯草をつけたまま佇むポン太
20160508ポンころラン⑩
真夏になるとドッグランに来る回数も減ってくると思うので、今の季節なるべくドッグランに連れて行ってあげたいです。

ご訪問いただきありがとうございます
ランキングに参加しております。応援クリックが励ましとなりますので、以下の3つのバナーを押してください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
ポメラニアン ブログランキングへ
犬ブログ広場 ポメラニアン
また、少しでも本記事が気に入りましたら1ポチお願いします。
↓↓↓↓↓↓
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment