13 2016

<いぬのきもち>熱中症はどんな場所でも起こりえます!飼い主さんが守ってあげて!

こんばんは!!
ブログへの訪問ありがとうございます

今回の記事は、私が利用しているアプリ『まいにちのいぬの・ねこのきもち』で、配信された記事を紹介します。

熱中症はどんな場所でも起こりえます!飼い主さんが守ってあげて!
いよいよ夏本番!人間も愛犬も熱中症には要注意な季節です。
熱中症は、体温が急激に上がりやすい環境であればいつでも、どんな場所でも起こりえます。
たとえば、おうちの中、曇りの日のお散歩やドッグラン、雨上がりのお散歩、木陰などでも、熱中症の危険は常にあります。
人にはさほど暑くなくても、犬にとっては暑すぎることがあるので注意しましょう。
真夏は早朝などの涼しい時間帯にお散歩をするようにして、無理をせず、こまめに水分を補給してあげることが大切ですね。
車の中は、50度を超えることがあるので、どんなに短い時間でも置きっばなしは厳禁です。
お留守番時はエアコンをつけて26度を目安に調節をするとともに、急な停電や故障に備えてペットボトルの水を凍らせた氷柱(トレーの上に置いて使用)をお部屋に置いておくと万が一のときも安心です。
※配信時の条件:2才と0ヵ月と22日②

人間でも熱中症になりやすい場所の一番は室内であることをつい最近なにかの記事で見ました。エアコンが効いていても陽が当たる窓際などは思っていた以上に暑いみたいで、同じことはワンコにも言えると思います。ペットボトル作った氷柱は良いアイデアだと思うので、さっそく試してみたいです。

【ポン太&ころんの写真メモリーズ】
ブログで記事に出来なかった過去写真を「いぬのきもち」の本記事内で紹介していきます。今回は、2016/06/13のポン太ころんの写真です。
この日のオヤツは奮発して、ササミ肉を上げました(奮発したといっても、商品自体は購入したものではなく、インターペットのときにサンプルとしていただいたものです)。
※その時の記事はこちら⇒
20160613ポンころオヤツ①
これを半分にしても一回分にしては多すぎるので、一回のオヤツであげる量は以下の写真に写っている感じ。
20160613ポンころオヤツ②
食べている姿が動きが速すぎて収められず。でも、待っている状態のポン太は口周りがよだれで汚れています。
20160613ポンころオヤツ③
ころんはいつも以上に後ずさりしていって「マテ」しています。
20160613ポンころオヤツ④

ご訪問いただきありがとうございます
ランキングに参加しております。応援クリックが励ましとなりますので、以下の3つのバナーを押してください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
ポメラニアン ブログランキングへ
犬ブログ広場 ポメラニアン
また、少しでも本記事が気に入りましたら1ポチお願いします。
↓↓↓↓↓↓
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment