26 2016

<いぬのきもち>とうもろこしの「芯」を誤食する例が多々あります!

こんばんは!!
ブログへの訪問ありがとうございます

今回の記事は、私が利用しているアプリ『まいにちのいぬの・ねこのきもち』で、配信された記事を紹介します。

とうもろこしの「芯」を誤食する例が多々あります!
夏の野菜として人間がよく食べる「とうもろこし」は、犬も好んで食べるようです。
とうもろこしの可食部自体は食べすぎなければ問題ないのですが、芯を飲み込んでしまう誤食がよくあります。
犬が欲しがるので先端部分を少しだけ食べさせようとしたら、あっという間に飲み込んでしまったとか、テーブルの上に置いておいたとうもろこしを丸のまま食べてしまった、芯を台所に置いたはずなのに無くなっていて、どうやら食ベてしまったらしい…などのハプニングが起こります。
噛み砕いて食べた場合はあまり大きな問題にはならないのですが、丸呑みしてしまうと芯は消化できないので、胃にとどまってしまったり、腸閉塞を起こしてしまったりと危険なことがあります。
とうもろこしの芯を食べたと思われる、もしくは確実に食べてしまったら、早めに動物病院で診察を受けましょう。
それほど時間が経過していなれば、吐かせる処置をすることにより、腸まで移行するのを防ぐことができます。
夏はアウトドアの季節で、バーベキューやお祭りなど犬も参加してのイベントが多くあります。
嘔吐、下痢、食欲不振などの症状が見られた場合はとうもろこしに限らず焼き鳥の串や、アイスクリームの棒などの誤食の可能性がありますので、念のため獣医師に相談してください。
※配信時の条件:2才と2ヵ月と12日

ポン太ころんもトウモロコシの粒を数粒だけ与えたことはありますが、その時も芯についた状態であげるのではなく、芯から手でちぎって粒を与えました。

【ポン太&ころんの写真メモリーズ】
ブログで記事に出来なかった過去写真を「いぬのきもち」の本記事内で紹介していきます。今回は、2016/07/09のポン太ころんの写真です。
スイカと一緒に記念撮影をしましたが、これがあの甘い食べ物であることは理解できていないような感じでした。
20160709ポンころスイカ①
20160709ポンころスイカ②
20160709ポンころスイカ③

ご訪問いただきありがとうございます
ランキングに参加しております。応援クリックが励ましとなりますので、以下の3つのバナーを押してください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
ポメラニアン ブログランキングへ
犬ブログ広場 ポメラニアン
また、少しでも本記事が気に入りましたら1ポチお願いします。
↓↓↓↓↓↓
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment