21 2016

<いぬのきもち>部屋の中を駆けまわる愛犬。危険な行動は早めに対処を!

おはようございます!!
ブログへの訪問ありがとうございます

今回の記事は、私が利用しているアプリ『まいにちのいぬの・ねこのきもち』で、配信された記事を紹介します。

部屋の中を駆けまわる愛犬。危険な行動は早めに対処を!
ソファやいすによく昇り降りする愛犬。
足を痛めないか心配ですね。
関節を痛めたり、ひどい場合は骨折もありえます。
人には低いと感じるソファやイスの上でも人に比べて体高が低い犬にとっては高所。
昇ったり降りたりしていると、腰や足に負担がかかり、関節を痛めたり、椎間板ヘルニアになりやすいほか、膝蓋骨脱臼などを招きやすくなります。
イスに座らないときは、テーブルの中にしまって入れて。
指示に従って動ける犬なら、ソファの上に乗りそうな瞬間に「おすわり」で止め、できたらおやつを。
何度か繰り返すと、乗りにくくなります。
また、フローリングの床を走り回る愛犬にはマットなどを敷いて足腰の負担を軽減しましょう。
※配信時の条件:2才と3ヵ月と0日

ポン太ころんでは、ころんの方がアグレッシブで動きに注意が必要です。ポン太は臆病なところがあるので、自分から飛び上がったり飛び降りたりすることは無いので安心して見てられます。ただ、追い込まれた時などに何をするかわからないので、なるべく危険なものは置かないように配慮するようにしたいです。また、フローリングの廊下には早めにマットを敷くなどして足腰の負担軽減をしてあげたいです。
※同じ内容の過去記事はこちら⇒

【ポン太&ころんの写真メモリーズ】
ブログで記事に出来なかった過去写真を「いぬのきもち」の本記事内で紹介していきます。今回は、2016/07/16のポン太ころんの写真です。
私たちのホームドッグランである『ドッグクルー・ラッキー』さんに行った時の写真。
20160716ポンころラン①
この日は同じポメラニアンのワンちゃんがいたので、一緒に遊んでいました。
20160716ポンころラン②
20160716ポンころラン③
ころんはゴロスリしていました。きれいな毛が汚れるのであまりしてほしくないですが、本人の好きなようにさせています。
20160716ポンころラン④

ご訪問いただきありがとうございます
ランキングに参加しております。応援クリックが励ましとなりますので、以下の3つのバナーを押してください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
ポメラニアン ブログランキングへ
犬ブログ広場 ポメラニアン
また、少しでも本記事が気に入りましたら1ポチお願いします。
↓↓↓↓↓↓
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment