16 2016

<いぬのきもち>イタズラされない環境づくりの3大原則

おはようございます!!
ブログへの訪問ありがとうございます

今回の記事は、私が利用しているアプリ『まいにちのいぬの・ねこのきもち』で、配信された記事を紹介します。

イタズラされない環境づくりの3大原則
1.イタズラの経験を積ませない。
イタズラの回数を重ねれば重ねるほど、楽しい、おもしろいといった経験が犬にとってごほうびとなり「またやりたい!」と思うように。
クセになるとやめさせるのが難しくなるので、未然に防ぐことが大切です。
2.見えないか届かないところへ。
好奇心旺盛な子犬にとってかじりたくなるようなものが床に転がっていたら、格好の獲物になってしまいます。
標的になる前に犬から見えない場所に片づけ、片づけられないものは犬が届かない場所に置くのが鉄則。
3.イタズラできない仕様のものに。
犬がよくやるイタズラのなかでも上位に入る、ゴミ箱あさりやトイレシーツをビリビリにするイタズラ。
メッシュつきトイレやフタつきゴミ箱といったイタズラできない仕様のものを選んで、未然にシャットアウト!
※配信時の条件:2才と3ヵ月と25日

ポン太ころんも、トイレトレイはメッシュ付きのものを利用しているので、トイレシーツをビリビリするようなイタズラはできないので
※同じ内容の過去記事はこちら⇒

【ポン太&ころんの写真メモリーズ】
ブログで記事に出来なかった過去写真を「いぬのきもち」の本記事内で紹介していきます。今回は、2015/03/17のポン太の写真です。
去勢手術をした後なのでエリザベスカラーを付けて過ごしていたポン太。エリザベスカラーはこのとき以外付けていないので、なんか懐かしさを感じます。
20150317ポン太カラーで凝視①
20150317ポン太カラーで凝視②
20150317ポン太カラーで凝視③
20150317ポン太カラーで凝視④
20150317ポン太カラーで凝視⑤
20150317ポン太カラーで凝視⑥
20150317ポン太カラーで凝視⑦
20150317ポン太カラーで凝視⑧
この頃は、ポン太は吠えるより、ピョンピョン跳ねることでアピールしていましたが、ころんが吠えてアピールするため、最近はポン太も吠えるようになってきて、変なところを真似て困ったものです。

ご訪問いただきありがとうございます
ランキングに参加しております。応援クリックが励ましとなりますので、以下の3つのバナーを押してください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
ポメラニアン ブログランキングへ
犬ブログ広場 ポメラニアン
また、少しでも本記事が気に入りましたら1ポチお願いします。
↓↓↓↓↓↓
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment