18 2016

<いぬのきもち>吠える愛犬への接し方

おはようございます!!
ブログへの訪問ありがとうございます

今回の記事は、私が利用しているアプリ『まいにちのいぬの・ねこのきもち』で、配信された記事を紹介します。

吠える愛犬への接し方
犬はもともと吠える動物です。
数回で吠えやんだり、小さい声で甘えて鳴く程度の吠えは許容範囲。
ただし、ほかの人が怖がったり、集合住宅などで、ほかの住人に迷惑をかけるような吠え方ほど深刻になります。
チャイム音や飼い主さんの帰宅時などに愛犬が吠えたら、「オスワリ」の指示を。
愛犬が一瞬吠えやみ、オスワリをしたらおやつを与えてほめて。
繰り返し行うと、「吠えるよりオスワリするとイイコトがある」と覚え、吠えにくくなります。
人が出入りする玄関や外の物音が気になりやすい窓際などにハウスを置くと、縄張り意識が高まり吠えやすい犬に。
ハウスは物音がしにくい静かな場所へ置くのがオススメ。
また、警戒心が高まると犬は激しく吠えるように。
外の物音や人影などが気にならないように、日頃から愛犬のいる部屋の窓やカーテンを閉めておくと吠えにくくなります。
深夜や早朝、来客時に吠える場合は、ハウスに入れ、布をかけると○。
※配信時の条件:2才と4ヵ月と28日

ポン太ころんも、
※同じ内容の過去記事はこちら⇒

【ポン太&ころんの写真メモリーズ】
ブログで記事に出来なかった過去写真を「いぬのきもち」の本記事内で紹介していきます。今回は、2016/09/18のポン太ころんの写真です。
この日は我が家お気に入りのワンコも入店可能な『futasalcafe KEL』さんでランチをしました。
妻が注文したカレーのセット。
20160918ポンころランチ①
私が注文したランチプレート。
20160918ポンころランチ②
ポン太ころんには水菜とご飯を少しだけお裾分けしました。
20160918ポンころランチ③
20160918ポンころランチ④
20160918ポンころランチ⑤

ご訪問いただきありがとうございます
ランキングに参加しております。応援クリックが励ましとなりますので、以下の3つのバナーを押してください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
ポメラニアン ブログランキングへ
犬ブログ広場 ポメラニアン
また、少しでも本記事が気に入りましたら1ポチお願いします。
↓↓↓↓↓↓
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment