13 2017

<いぬのきもち>毎日長時間の留守番、こんな病気になっちゃうかも

おはようございます!!
ブログへの訪問ありがとうございます

今回の記事は、私が利用しているアプリ『まいにちのいぬの・ねこのきもち』で、配信された記事を紹介します。

毎日長時間の留守番、こんな病気になっちゃうかも
【常同障害など心の病気】
寂しさやストレスが引き金になり、さまざまな心の病気を引き起こす可能性が。
自分の尾を追い続けたり、同じところを掘り続けるなど、一定の行動を繰り返す常同障害が代表的です。
【肢端部性皮膚炎】
常同障害など、自分の体をなめ続ける症状が出ると、それが原因で毛が抜けたり、血が出る肢端舐性皮膚炎になることも。
留守番中は、録音した飼い主さんの声を流し続けたり、ときにはペットシッターを呼ぶようにするなど、愛犬の寂しさを軽減する工夫をしてみましょう。
※配信時の条件:2才と6ヵ月と23日

※同じ内容の過去記事はこちら⇒

【ポン太&ころんの写真メモリーズ】
ブログで記事に出来なかった過去写真を「いぬのきもち」の本記事内で紹介していきます。今回は、2016/10/30のポン太ころんの写真です。
この日はイベントのときにサンプルで頂いた大きいオヤツを二人にあげたのですが、その時の食べ方があまりにも激しかったので、まずはポン太から紹介です。
20161030ポン太オヤツ①
20161030ポン太オヤツ②
20161030ポン太オヤツ③
20161030ポン太オヤツ④
20161030ポン太オヤツ⑤
20161030ポン太オヤツ⑥
20161030ポン太オヤツ⑦
20161030ポン太オヤツ⑧

ご訪問いただきありがとうございます
ランキングに参加しております。応援クリックが励ましとなりますので、以下の3つのバナーを押してください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
ポメラニアン ブログランキングへ
犬ブログ広場 ポメラニアン
また、少しでも本記事が気に入りましたら1ポチお願いします。
↓↓↓↓↓↓
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment