18 2017

<いぬのきもち>ストレスが招く犬の病気と症状とは

おはようございます!!
ブログへの訪問ありがとうございます

今回の記事は、私が利用しているアプリ『まいにちのいぬの・ねこのきもち』で、配信された記事を紹介します。

ストレスが招く犬の病気と症状とは
心臓病、アレルギー、円形脱毛症、肥満症など、愛犬は、私たち人間の生活に合わせて生活を送っており、日々なんらかのストレスを抱えています。
そのストレスが起因となって起こる病気、あるいはストレスの影響で悪化する病気があります。
犬はその場の空気を読める賢い動物。
それゆえストレスを受けやすいといわれています。
ちょっとしたストレスは、退屈な毎日を送りがちな現代の犬にとって、いい刺激になりますが、過度なストレスは体や心の病気を招く危険が。
ストレスでどんな病気、症状が出るのかを知り、犬のストレス病の予防に努めましょう。
※配信時の条件:2才と8ヵ月と25日

※同じ内容の過去記事はこちら⇒

【ポン太&ころんの写真メモリーズ】
ブログで記事に出来なかった過去写真を「いぬのきもち」の本記事内で紹介していきます。今回は、2017/01/07のポン太ころんの写真です。
20170107ポンころポートタワー①
20170107ポンころポートタワー②
20170107ポンころポートタワー③
20170107ポンころポートタワー④
20170107ポンころポートタワー⑤

ご訪問いただきありがとうございます
ランキングに参加しております。応援クリックが励ましとなりますので、以下の3つのバナーを押してください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
ポメラニアン ブログランキングへ
犬ブログ広場 ポメラニアン
また、少しでも本記事が気に入りましたら1ポチお願いします。
↓↓↓↓↓↓
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment