15 2017

<いぬのきもち>愛犬の妊娠・出産。体の変化

おはようございます!!
ブログへの訪問ありがとうございます

今回の記事は、私が利用しているアプリ『まいにちのいぬの・ねこのきもち』で、配信された記事を紹介します。

愛犬の妊娠・出産。体の変化
犬種や体格にもよりますが、1回の妊娠・出産で、犬は平均2~4頭の子犬を産みます。
ただし、交尾しても妊娠しないケースもあります。
1~5才までが適齢期で、生涯出産回数も1~3回くらいまでが望ましいです。
妊娠から出産まで、およそ2か月までと短期間です。
犬は1頭ずつ、約30分に1頭のペースで出産します。
出産時は人とは違い、犬は自分のタイミングをコントロールします。
出産後は、母犬は子犬の体をなめて呼吸を促し、授乳します。
生まれたばかりの子犬は、体温管理ができず、寒すぎると低体温につながることがあるので、室温は常に27度前後を保ちましょう。

※配信時の条件:2才と10ヵ月と25日
※同じ内容の過去記事はこちら⇒


【ポン太&ころんの写真メモリーズ】
ブログで記事に出来なかった過去写真を「いぬのきもち」の本記事内で紹介していきます。今回は、2017/03/04のポン太ころんの写真です。
20170304ポンころ笑顔①
20170304ポンころ笑顔②
20170304ポンころ笑顔③
20170304ポンころ笑顔④

ご訪問いただきありがとうございます
ランキングに参加しております。応援クリックが励ましとなりますので、以下の3つのバナーを押してください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
ポメラニアン ブログランキングへ
犬ブログ広場 ポメラニアン
また、少しでも本記事が気に入りましたら1ポチお願いします。
↓↓↓↓↓↓
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment