10 2017

<いぬのきもち>吐いてしまったときは慌てずに観察を

おはようございます!!
ブログへの訪問ありがとうございます

今回の記事は、私が利用しているアプリ『まいにちのいぬの・ねこのきもち』で、配信された記事を紹介します。

吐いてしまったときは慌てずに観察を
突然の愛犬の嘔吐、びっくりして心配になりますよね。
でも、愛犬が吐いてしまったら、慌てずまずによく観察をすることが大切です。
吐物は液体なのかフードなのかフードであれば消化されているのかされていないのか、その後何回も吐き気は続くのか、など。
そういった情報は診察する獣医さんの手助けになります。
犬は人よりも吐きやすい動物です。
嘔吐後、元気で食欲があれば大丈夫なことがほとんどですが、1回吐いた事で吐き癖がついてしまい嘔吐が続いてしまうこともあるので早めに診てもらうのが安心かもしれませんね。
また嘔吐・食欲不振などの症状の場合異物を疑うこもありますので心当たりがなくても可能性が少しでもあれば先生に相談した方が良いでしょう。

※配信時の条件:3才と0ヵ月と19日
※同じ内容の過去記事はこちら⇒


【ポン太&ころんの写真メモリーズ】
ブログで記事に出来なかった過去写真を「いぬのきもち」の本記事内で紹介していきます。今回は、2017/04/28のポン太ころんの写真です。
20170428ポン太寝姿①
20170428ポン太寝姿②
20170428ポン太寝姿③

ご訪問いただきありがとうございます
ランキングに参加しております。応援クリックが励ましとなりますので、以下の3つのバナーを押してください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
ポメラニアン ブログランキングへ
犬ブログ広場 ポメラニアン
また、少しでも本記事が気に入りましたら1ポチお願いします。
↓↓↓↓↓↓
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment