11 2017

<いぬのきもち>肛門嚢腺のケアは定期的に

おはようございます!!
ブログへの訪問ありがとうございます

今回の記事は、私が利用しているアプリ『まいにちのいぬの・ねこのきもち』で、配信された記事を紹介します。

肛門嚢腺のケアは定期的に
肛門(嚢)腺とは犬の肛門ワキにある臭いのもととなる液体が分泌される器官のことです。
小型犬は定期的に絞ってあげないと分泌液がたまり、かゆみや炎症の原因になります。
美容院では絞ってくれているはずですが、お尻を気にしていたり床にこりつける行動が見られる場合は美容院もしくは動物病院で絞ってもらいましょう。
コツさえつかめば簡単に絞れますから1度やり方を教わってみて、おうちでのケアにチャレンジされてみても良いですね。

※配信時の条件:3才と0ヵ月と20日
※同じ内容の過去記事はこちら⇒


【ポン太&ころんの写真メモリーズ】
ブログで記事に出来なかった過去写真を「いぬのきもち」の本記事内で紹介していきます。今回は、2017/04/29xのポン太ころんの写真です。
20170429ポンころチーズ①
20170429ポンころチーズ②
20170429ポンころチーズ③

ご訪問いただきありがとうございます
ランキングに参加しております。応援クリックが励ましとなりますので、以下の3つのバナーを押してください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
ポメラニアン ブログランキングへ
犬ブログ広場 ポメラニアン
また、少しでも本記事が気に入りましたら1ポチお願いします。
↓↓↓↓↓↓
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment