26 2015

ポン太とお出かけ(花とポン太)

おはようございます!!
ブログへの訪問ありがとうございます

今回の記事は、昨日ポン太とお出かけしたときのことを紹介します。
序章編の最後に紹介したようにやってきたのは市原市農業センターで開催された『第33回市原市園芸まつり』。過去に一度訪れたことがあるのですが、その時は犬を飼うことなど考えてもいなかったので、そういう目線で見ていなかったので気づきませんでしたが、実は会場となっている芝生広場に関しては、食べ物を扱っているためペットの入場は禁止。そのため、とりあえず、ポン太を散歩させて疲れさせて待っていてもらう作戦に切り替え。

この市原市農業センターですが、少し歩いていくと道の駅「あずの里いちはら」とも隣接しており、その間は農業センターの広い敷地で、バーベキュー広場、ピクニック広場などの公園のような施設もあります。そのため、散歩するにも良い場所になっています。
そこでまずは臨時駐車場となっている芝生広場の一角に行く途中に気になっていた背の低い藤棚を目標に散歩をしました。で、そこで撮影したのが以下の写真。
150425ポン太花①
『パパさん、この花からいい匂いがします。』
そうだね。鼻の近くにはずんぐり体系で大きいクマバチが飛び回っています。大きなハチですが、スズメバチのように凶暴でかつ猛毒を持っているわけではないので、無視する感じで振舞っていればとくには害を加える感じでもないので、ポン太さえ気にしなければ問題ないはず。過去にテントウムシを食べてしまったポン太にちょっと不安を感じながら、藤棚の支柱にリードをかけて撮影です。
150425ポン太花②
『パパさん、このお花食べれそうですよ!!』
ポン太の目の輝きがそういっているように思わせます。
150425ポン太花③
『ちょっと味見してみます。』
そうこうするうちにとうとうポン太が食べる気になってしまったので、ここで撮影中止。藤棚から離れることにしました。
150425ポン太花④
そのあと、少し周りを散歩していたら、八重桜がまだ花を残して咲いていたのでそこで撮影。
『パパさん、この花は一杯花びらがついていてボリュームがあって食べごたえがありそうです。』
ポン太には花は食べ物にしか見えないようです。しかし、一人で左手でポン太を抱えて鼻の近くまで持ち上げて、もう片方の右手でデジカメのシャッターを押す作業は結構難しい作業です。カメラの映像を確認しながら良い構図でシャッターを押すのは簡単ではないので、こんな感じで撮れるだろうというイメージを頭で描きながらシャッターを何度も押して数うちゃ当たる感覚で撮影です。その中で一番マシであったのが、この写真です。
またまた少し歩いていたらこじんまりとしたボタン園があったので、そこで記念撮影。ボタン園の中には入れないので、その手前で一番綺麗に咲いている品種の前で撮影をしました。ここでも桜のとき同様手探りでシャッターを押した中でのベストショットが以下のものです。
150425ポン太花⑤
『パパさん、いろんなお花が咲いていますね。』
そうだね。春になって温かくなっていろんな花が咲いていて綺麗だね。道端に咲いている野草なども綺麗な花をつけており、ポン太はそんな花にも興味深々(=食べれるかなっていう視線でだと思う)。

暖かい日差しの中、ポン太が落ち着くであろう距離を散歩して、今回のメインである野菜の苗を購入するため、イベント会場の方に向かいます。
今回の記事はここまで。この続きは次回の記事で紹介する予定です。

訪問いただきありがとうございます
励みにもなりますので、是非ともポチッとボタンを押していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
こちらは1日1ポチで十分です。
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村
また、以下の拍手ボタンも併せてポチッと押していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓↓
少しでも本記事が気に入りましたら1ポチお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment