18 2015

<いぬのきもち>散歩でのトイレを室内でも覚えさせたい場合

おはようございます!!
ブログへの訪問ありがとうございます

今回の記事は、私が利用しているアプリ『まいにちのいぬの・ねこのきもち』で、昨日配信された記事を紹介します。

散歩でのトイレを室内でも覚えさせたい場合
まずは、お散歩でおしっこをしている時は「シーシー」うんちをしている時は「ワン・ツー」など決まった掛け声をかけましょう。
回数を重ねるとその掛け声が条件反射になり、トイレを促すことができるようになります。
次に、お散歩にペットシーツを一枚持って行きます。排泄しそうになったら、ペットシーツをサッと下に敷き、シートの上に少しでも排泄できたら、ご褒美を上げて誉めてあげましょう。
何度も繰り返して、「トイレ=シート」ということを教えます。そして室内のトイレシートに、オシッコの匂いなどを少しだけ付けておき、トイレをしそうな時間にそのシートへ連れて行き、掛け声をかけてトイレを促します。
以上の手順で室内でも排泄できるようになります。
ポン太:0才と10ヵ月と27日

ポン太は現在、トイレシーツの上で正しくできなくなってしまっているため、トイレトレーニングの再教育中です。その意味では大変タイムリーな記事が配信された形となります。パブロフの犬ではありませんが、条件反射的に身体に染み込ませるしかないのですね。再教育する必要があるのは、完全に身体に染み込む前に甘やかせてしまったからということなんでしょうね。

訪問いただきありがとうございます
励みにもなりますので、是非ともポチッとボタンを押していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
こちらは本サイト内で1日1ポチで十分です。
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村
また、以下の拍手ボタンも併せてポチッと押していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓↓
少しでも本記事が気に入りましたら1ポチお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment