26 2015

<いぬのきもち>介助犬ってどんなことをするの?

おはようございます!!
ブログへの訪問ありがとうございます

今回の記事は、私が利用しているアプリ『まいにちのいぬの・ねこのきもち』で、昨日配信された記事を紹介します。

介助犬ってどんなことをするの?
介助犬とは身体障害者の方々の生活のパートナーとなる犬のことです。盲導犬、聴導犬などとは異なります。
物を拾ったり、ドアを開けたり、車いすを押したり、身体の不自由な方の手足となって働いてくれています。
欧米に比べると日本ではまだまだ頭数は多くありません。
ポン太:0才と11ヵ月と5日(その2)
※その2:0才と0ヵ月と13日

ポン太を迎える前に少しだけ調べたのがパピーウォーカーへの募集でした。
ただし、それらで調べたのは盲導犬がメインで、介助犬のものは見かけませんでした。最近は補助犬・介助犬のマークを見かけるお店も増えてきていますが、実際利用されている方を見ることはありません。
ほじょ犬①ほじょ犬②
そういうことからも、日本は欧米に比べて、頭数自体は少ないということが言えるのでしょうね。

訪問いただきありがとうございます
励みにもなりますので、是非ともポチッとボタンを押していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
こちらは本サイト内で1日1ポチで十分です。
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村
また、以下の拍手ボタンも併せてポチッと押していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓↓
少しでも本記事が気に入りましたら1ポチお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment