30 2015

<いぬのきもち>分離不安症って病気なの?

おはようございます!!
ブログへの訪問ありがとうございます

今回の記事は、私が利用しているアプリ『まいにちのいぬの・ねこのきもち』で、昨日配信された記事を紹介します。

分離不安症って病気なの?
分離不安症とは犬が飼い主に対して依存心や執着心を強く抱くことで、飼い主と離れると、強い不安・ストレスを感じて吠え続けたり、トイレ以外で排泄したり、物を破壊するなどの行動を起こしてしまう状態のことをいいます。
犬に長時間留守番させたときに、嫌がらせをしてきたと思うような状況があった場合、実はこの分離不安症の症状である可能性があります。
犬の分離不安症は身近な問題ですが、病気です。飼い主との密着度が強い程起こりやすく、最終的には犬自身を苦しめることになってしまいます。
分離不安症の治療には、飼い主が犬への過度な愛情を絶ち、飼い主との適切な関係を作るための行動療法と薬を用いての薬物療法を併用することがすすめられています。
ポン太:0才と11ヵ月と9日

恥ずかしながら私は「分離不安症」という病気のことを知りませんでした。ワンちゃんに愛情を注ぎすぎてしまうことも結果的にワンちゃんを苦しめてしまうとは。適切な関係が築いていけるように気を付けていきたいです。

訪問いただきありがとうございます
励みにもなりますので、是非ともポチッとボタンを押していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
こちらは本サイト内で1日1ポチで十分です。
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村
また、以下の拍手ボタンも併せてポチッと押していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓↓
少しでも本記事が気に入りましたら1ポチお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment