31 2015

<いぬのきもち>子犬と先住犬との関係で気をつけたいこと

こんばんは!!
ブログへの訪問ありがとうございます

今回の記事は、私が利用しているアプリ『まいにちのいぬの・ねこのきもち』で、昨日配信された記事を紹介します。

子犬と先住犬との関係で気をつけたいこと
犬を新たに迎え入れる場合は先住犬との順位付けが重要です。新しく子犬がやってくると、どうしても子犬をかわいがってしまいがちですが、そこは先にお家にいる犬を優先しましょう。
ゴハンを与えたり、かわいがったり、遊んだりする順番を決め、後からきた子犬が2番目なんだという認識をつけさせます。そうすることで、犬同士の喧嘩やストレスを防ぎ人も犬もすごしやすい環境を作ってあげることができます。
しかし、先住犬が歳をとっているとなかなか新しい犬を受け入れがたいということもありますので、2頭目をお考えであれば愛犬が3歳くらいになる前に決断した方が良いでしょう。
ポン太:0才と11ヵ月と10日(その2)
※その2:0才と0ヵ月と18日

ポン太が初めて我が家に迎えるワンコなので、もし多頭飼いする場合、ポン太が先住犬となるのですが、この記事の内容の通りであれば、もう一頭飼うのであればあと2年くらいまでに迎え入れた方が良いということになるのですね。

訪問いただきありがとうございます
励みにもなりますので、是非ともポチッとボタンを押していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
こちらは本サイト内で1日1ポチで十分です。
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村
また、以下の拍手ボタンも併せてポチッと押していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓↓
少しでも本記事が気に入りましたら1ポチお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment