01 2015

<いぬのきもち>人獣共通感染症について知りたい

こんばんは!!
ブログへの訪問ありがとうございます

今回の記事は、私が利用しているアプリ『まいにちのいぬの・ねこのきもち』で、昨日配信された記事を紹介します。

人獣共通感染症について知りたい
人獣共通感染症とは、人から動物もしくは動物から人に感染して問題となる感染症です。
犬と人で問題となりうるものにレプトスピラという細菌がありますが、8種もしくは9種の混合ワクチンで予防ができます。
しかし、レプトスピラにも何種類かタイプがありまして、ワクチンを打っていればすべて防ぐことができるわけではありません。
また、犬の口内細菌が人に問題となることがありますが、それは感染した人に免疫が下がってしまう病気がある場合です。
ちなみに、人間の風邪やインフルエンザが犬にうつることはほとんどありません。
ポン太:0才と11ヵ月と11日(その2)
※その2:0才と0ヵ月と19日

【ご参考】レプトスピラ症の主症状
≪不顕性型≫多くの犬は、感染しているにもかかわらず明らかな症状を示さないまま自然治癒します。また、猫に感染してもほとんど症状は出ませんが、排尿を通じて菌を環境中にばらまいてしまう危険性を有しています。
≪出血型≫主としてイヌレプトスピラ菌によって引き起こされる症状です。主症状は40℃前後の高熱・元気が無くなる・食欲不振・結膜の充血・嘔吐・血便・血尿・鼻血・吐血・尿のにおいが強くなる・黄疸(白目部分、口の粘膜、おなかの皮膚が黄色く変色すること)などです。
≪黄疸型≫主として黄疸出血レプトスピラ菌によって引き起こされる症状です。人間で発症した場合は「ワイル病」とも呼ばれます。主症状は突然の高熱・食事を受け付けない・全身の震え・嘔吐・口内粘膜や歯茎からの出血・結膜の充血・黄疸(白目部分、口の粘膜、おなかの皮膚が黄色く変色することで、約70%の割合)などです。
ポン太と一緒に生活していくうえで、お互いにマイナスになるようなことができるだけ避けていきたいと思います。とりあえず、ポン太に触ったら手を洗ってから食べ物は触るなど基本的なことは、徹底していきたいです。

訪問いただきありがとうございます
励みにもなりますので、是非ともポチッとボタンを押していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
こちらは本サイト内で1日1ポチで十分です。
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村
また、以下の拍手ボタンも併せてポチッと押していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓↓
少しでも本記事が気に入りましたら1ポチお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment