18 2015

<いぬのきもち>犬の記憶に関する豆知識あれこれ

こんばんは!!
ブログへの訪問ありがとうございます

今回の記事は、私が利用しているアプリ『まいにちのいぬの・ねこのきもち』で、昨日配信された記事を紹介します。

犬の記憶に関する豆知識あれこれ
【たった一度の体験で覚えることもある】
楽しいと感じたり、メリットがあってイイコトのほか、恐怖や嫌だと感じたことも、犬が強烈に嫌だと感じたは、たった一度経験しただけでも記憶していることが多いです。
【イイコトは長く覚えていやすい】
生きるために真っ先に覚える能力が備わっているため、自分にメリットがあると覚えたことは、何度でも繰り返すことがあります。
【嫌なコトもすぐに覚えやすい】
怖い思いをした場所や、恐怖を与えられた相手などを回避する能力が備わっているため、嫌なコトも記憶に強く残りやすいです。
【1000語覚える犬もいる】
2004年に200語の単語を覚えたボーダー・コリーのレポートを読み、アメリカの心理学者が別の同犬種で研究した結果、1000語以上のおもちゃの名前を認識したというレポートも。
ポン太:0才と11ヵ月と28日(その2)
※その2:0才と1ヵ月と5日

ポン太の場合、基本的なコマンドと食べ物に関する言葉をいくつか覚えているように思えます。嫌な経験は一度経験しただけでも記憶してしまうとのことなので、トラウマになるような経験をさせないように気を配ってあげたいです。

訪問いただきありがとうございます
励みにもなりますので、是非ともポチッとボタンを押していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
こちらは本サイト内で1日1ポチで十分です。
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村
また、以下の拍手ボタンも併せてポチッと押していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓↓
少しでも本記事が気に入りましたら1ポチお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment