26 2015

<いぬのきもち>犬の幼稚園や保育園ってどんなところ?

こんばんは!!
ブログへの訪問ありがとうございます

今回の記事は、私が利用しているアプリ『まいにちのいぬの・ねこのきもち』で、昨日配信された記事を紹介します。

犬の幼稚園や保育園ってどんなところ?
犬の幼稚園(名称を保育園としているところもあります。)とは、犬のしつけ教室や日中愛犬を預かってくれる施設です。
しつけを目的とするのであれば1歳までの時期がとても重要なので、今の段階でしつけに不安を感じているのであれば、近くに幼稚園があるかチェックしてみても良いかもしれません。
幼稚園には同じくらいの月齢の犬がたくさんいますので、その中で遊んだり一緒にトレーニングを受けることで「社会化」といって精神面も成長します。社会化をきちんとされてない犬は恐怖心が強く、人の社会での生活でも十分に楽しめないということもあります。しつけ教室は動物病院でも実施していることがあります。また、体験教室などを開催していることろも多いので、興味のある方は利用して様子を見てみるのもよいかもしれません。
※配信時の条件:0才と4ヵ月と13日

ポン太の場合、我が家に来たときにはワクチン接種は3回完了していて、いつでも散歩に行ける状態となっていました(=月齢4ヶ月)。我が家に来て1ヵ月くらいは病院に出掛ける以外は室内のみですごしましたが、狂犬病の注射が終わってから1週間後くらいから少しずつ外に出掛けるようになりました。イベントなどで実施しているしつけ教室などには積極的に参加しました。確かに最近は有料のしつけ教室などもあるようですが、ポン太はそこまで問題行動はないと思いますので今のところは考えていません。
ころんの場合、これからが一番重要な時期だと思いますが、一応、ポン太という先輩もいるので、今のことろしつけ教室に行くことは考えていません。問題行動が目立つようであれば考えたいと思いますが…。

訪問いただきありがとうございます
励みにもなりますので、是非ともポチッとボタンを押していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
こちらは本サイト内で1日1ポチで十分です。
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村
また、以下の拍手ボタンも併せてポチッと押していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓↓
少しでも本記事が気に入りましたら1ポチお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment