02 2015

<いぬのきもち>避妊手術はいつするのがいいの?

おはようございます!!
ブログへの訪問ありがとうございます

今回の記事は、私が利用しているアプリ『まいにちのいぬの・ねこのきもち』で、昨日配信された記事を紹介します。

避妊手術はいつするのがいいの?
一般的には、生後半年頃と言われています。避妊手術にはメリット、デメリットがありますので、家族やかかりつけの先生とよくご相談ください。
主なメリットとしては、子宮蓄膿症や乳腺腫瘍を防ぐ、発情によるストレスの軽減があげられます。
一方デメリットとしては、太りやすくなる、尿漏れなどが起こるケースがある場合があげられます。
※配信時の条件:1才と3ヵ月と11日

犬のしつけは褒めて伸ばすことが鉄則のようですね。ポン太の場合、男の子なので避妊ではありませんが、7ヶ月齢のときに去勢済みです。このときはころんを迎える予定もなく、ポン太自身の健康のため、発病しやすい病気などを減らすために去勢手術をしました。
ころんの場合、女の子ですので、避妊をするかどうかを迷うことになると思います。多頭飼いをし始めて今度はどうしてもその子供を見たいと思うようになりますので…。
ポン太ころんの子というのは無理ですが、ころんの子を見てみたいとは思います。もう一匹(とは限らない)飼うということは、経済的にも面倒を見るのも大変なことになるので、その辺は良く考えて結論を出したいです。

訪問いただきありがとうございます
励みにもなりますので、是非ともポチッとボタンを押していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
こちらは本サイト内で1日1ポチで十分です。
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村
また、以下の拍手ボタンも併せてポチッと押していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓↓
少しでも本記事が気に入りましたら1ポチお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment