04 2015

<いぬのきもち>愛犬とのアイコンタクト、メリット3つ

こんばんは!!
ブログへの訪問ありがとうございます

今回の記事は、私が利用しているアプリ『まいにちのいぬの・ねこのきもち』で、昨日配信された記事を紹介します。

愛犬とのアイコンタクト、メリット3つ
犬から目を合わせるようにするアイコンタクトは、簡単なのにメリットが多いしつけです。必要性を学びましょう。
【幸せオルモンが出て絆が強まる】
ある実験で、犬が飼い主さんを自発的に見る時間が長いほど(アイコンタクト)、オキシトンの濃度があがることが判明。オキシトンとは女性の出産や子育て、人同士の親和性などに関与するホルモンで、幸福感が増すと言われています。
【困った行動が減る】
犬が飼い主さんを見る回数が増えれば、余計な物や人、犬などが目に入りにくくなります。イタズラや拾い食い、吠えグセ、引っ張りグセ、飛びつきなど、犬のあらゆる問題行動を防いだり、減らしたりすることができます。
【しつけがしやすくなる】
オスワリやフセなど、犬に指示したいときは、飼い主さんに注目させる必要があります。注目させる手段として、アイコンタクトが必要に。アイコンタクトの成功率を上げれば、しつけの成功率アップにもつながります。
※配信時の条件:0才と5ヵ月と22日

ポン太とはだいぶアイコンタクトが取れるようになってきたような気がします。でも、別のものに興味があるような場合は「オヤツ」の手を借りないとなかなかこちらを見ることがないので、まだまだです。ころんはやっと「マテ」が少しできるようになったレベルなので、まだまだアイコンタクトが取れるようになるのは先のような気がします。

訪問いただきありがとうございます
励みにもなりますので、是非ともポチッとボタンを押していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
こちらは本サイト内で1日1ポチで十分です。
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村
また、以下の拍手ボタンも併せてポチッと押していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓↓
少しでも本記事が気に入りましたら1ポチお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment