05 2015

<いぬのきもち>愛犬とのアイコンタクト、2種類あることご存じでしたか?

こんばんは!!
ブログへの訪問ありがとうございます

今回の記事は、私が利用しているアプリ『まいにちのいぬの・ねこのきもち』で、昨日配信された記事を紹介します。

愛犬とのアイコンタクト、2種類あることご存じでしたか?
アイコンタクトは正確にいうと2種類あります。しつけにはどちらも必要になります。
【犬からのアイコンタクト】
犬が呼ばれてもいないのに飼い主さんを見ている状態を「犬からのアイコンタクト」といいます。自発的に見るのは、飼い主さんのことが好きで気になるから。常に聞く耳を持っている態勢のため、指示が通りやすくなります。
【名前を呼ぶアイコンタクト】
その名のとおり犬の名前を呼んで飼い主さんに注目させ、目と目を合わせること。指示を出したいときや、困った状況を避けたいときなど、必要なタイミングで犬の気をひきたいときに役立ちます。

※配信時の条件:0才と5ヵ月と23日

ポン太とはだいぶアイコンタクトが取れるようになってきたような気がします。でも、別のものに興味があるような場合は「オヤツ」の手を借りないとなかなかこちらを見ることがないので、まだまだです。ころんはやっと「マテ」が少しできるようになったレベルなので、まだまだアイコンタクトが取れるようになるのは先のような気がします。

訪問いただきありがとうございます
励みにもなりますので、是非ともポチッとボタンを押していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
こちらは本サイト内で1日1ポチで十分です。
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村
また、以下の拍手ボタンも併せてポチッと押していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓↓
少しでも本記事が気に入りましたら1ポチお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment