23 2015

<いぬのきもち>甘いものが恋しい季節…チョコに関する豆知識

おはようございます!!
ブログへの訪問ありがとうございます

今回の記事は、私が利用しているアプリ『まいにちのいぬの・ねこのきもち』で、昨日配信された記事を紹介します。

甘いものが恋しい季節…チョコに関する豆知識
寒くなってくると甘いものが欲しくなるのは私だけではないのではないでしょうか。
チョコレートやホットココア…甘い香りがするだけで暖かい気持ちになりますね。
そんな香りに誘われるのかはともかく、チョコレートを欲しがる犬は少なくありません。
しかし、多くの方がご存知のように犬はチョコレートによって中毒を起こす可能性があります。
中毒の原因となるのはチョコレートに含まれるテオブロミンです。
犬は、このテオブロミンを、体重1kgあたり100mg~200mgの摂取で中毒、240mg~500mg/kgの摂取で死亡率50%になるといわれています。
板チョコ1枚約50gに含まれるテオブロミン量はだいたい、ホワイトチョコレート:0.4mg、ミルクチョコレート:77mg~116mg、ダークチョコレート:279mg程度となっています。
「苦みが多いチョコレートほど危険!」と覚えておいてください。
ココアも同じようにコクがあり苦みの強いものほどテオブロミンが多く含まれています。
静かな秋の夜をゆっくり過ごすためにも、チョコレートの管理には注意してくださいね。
※配信時の条件:1才と5ヵ月と2日

犬にはチョコレート、タマネギは与えてはいけないということはポン太を迎え入れる前から知っていましたが、どのくらいの量を与えると死に至るかまでは知りませんでした。ダークチョコレートだとポン太ころんの体重だと板チョコ一枚で死に至るような量なので、チョコレートの保管は充分に気をつけておきたいです。

訪問いただきありがとうございます
励みにもなりますので、是非ともポチッとボタンを押していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
こちらは本サイト内で1日1ポチで十分です。
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村
また、以下の拍手ボタンも併せてポチッと押していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓↓
少しでも本記事が気に入りましたら1ポチお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment